ご挨拶

 

ごあいさつ

 

     

 

 

 

 

 

 

 

健康な地球というのは非常に大切であり、持続可能な社会を構築するためには、社会経済活動の中で、使用され、廃棄される資源を最大限に効果的に活用することが求められています。

一方で企業経営上も資源を有効活用し、トータルコストの削減を図り、競争力を向上させることが非常に重要であると思います。

つまり製品の製造時における廃棄物の発生抑制はもとより、製品を使い終わった後の再使用や再生利用(リデュース・リユース・リサイクル)、いわゆる「3R」を考慮したモノづくり、3Rを前提とした経営力が非常に重要になってきています。

 

本センターは、そのような課題に対応するために京都府内の産学公が連携し、一体となって産業廃棄物の3Rに取り組んでおられる企業の皆様を支援するために設立されました。

 

時代のベクトルは既に資源が循環する経済社会へ向かっており、そのためにも、本センターが3R活動を支援する拠点として皆様に活用されるよう更なる活動の充実・強化を図ってまいります。

皆様のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

   

 

一般社団法人 京都府産業廃棄物3R支援センター

理事長 中本 晃