ご挨拶

 

ごあいさつ

 

     

 

  地球資源の有限性が認識されている現在、製品を供給する動脈産業と使い終わった製品を処理する静脈産業、この両者を結びつけ連携しながら発展させていくことが、これからの持続可能な社会を作っていく上で極めて重要な課題となっています。

 

 社会・経済活動の中で廃棄されるものを出来るだけ少なくすること、その上で廃棄されたものは適正に処理すると同時に貴重な資源としてとらえ、再度活用することが求められる時代となっています。例えば製品の製造についても、資源として循環していくことを前提に、分解しやすい設計、製品素材に配慮した設計など、原材料から設計、生産、流通、使用、廃棄の全行程にわたり、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の視点に立ったものづくりが求められています。

 

 

 本センターは、そのような課題に対応するため、京都府内の産学公が連携し、一体となって産業廃棄物の3Rに取り組んでおられる企業の皆さんを支援するために設立されました。

 

 循環型社会を目指す廃棄物3Rの取り組みは、廃棄物処理コストの低減や企業経営の合理化にも繋がるものです。本センターが廃棄物3Rを支援する拠点として皆様に活用されるよう、活動の充実・強化を図ってまいります。

 皆様のご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。

 

 

 

           一般社団法人京都府産業廃棄物3R支援センター

                            理事長   依田 誠